> > 地熱資源開発調査の補助金、28年度の募集スタート 重点開発地域なら割り増し

地熱資源開発調査の補助金、28年度の募集スタート 重点開発地域なら割り増し

記事を保存

JOGMECは、日本の地熱発電がより活用されるよう、地熱資源量を確認するための掘削調査などを支援する助成金交付事業の平成28年度公募を開始した。経済産業省による本事業は昨年よりも予算が20億円増加し100億円の予算規模で展開される。

大規模な地熱開発は「重点開発検討地域」をチェック

助成事業を実施する法人である地元の地熱関係法人など、または地熱資源開発事業者などであること。なお、「地元の地熱関係法人など」とは、地熱資源(地熱により得られたエネルギーを含む)を直接利用して、地元の地域活性化につながる事業を行う法人のこと。地熱資源開発事業者等とは、地元の地熱関係法人等以外で地熱資源開発事業を行う法人のこと。

対象になる事業は、発電を目的とした地熱資源開発の取組の促進が期待される、地表調査等事業や坑井掘削等事業。このうち、大規模開発については、国が示した規模3万kW程度以上(2.5万kW以上のものをいう。)の開発計画を有するものが対象。

対象事業になる大規模開発には、重点開発検討地域で行うものとそれ以外の地域で行うものがあり、それぞれ助成率が違う。事業者が地熱資源開発事業者の場合には、重点開発検討地域でもそれ以外の地域でも、地表調査等事業は助成率3/4以内。坑井掘削等事業は重点開発検討地域であれば3/4以内。それ以外の地域であれば2/3以内。なお、地元の地熱関係法人が事業者の場合は、助成率は全て定額である。

このように、この事業では地熱資源の最大限かつ効率的な利用の促進を図るため、大規模開発への助成は、そうでない事業に比べ助成率を上げている。このため、大規模開発に係る助成金の交付を受けた助成事業者は、正当な理由なしに大規模開発に至らなかった場合は、大規模開発に係る坑井掘削費、坑井調査費、附帯工事費等に要した経費について、助成金の一部を返還する必要があることに注意が必要だ。


同事業に公募を希望するものは、必要書類を期間内までに石油天然ガス・金属鉱物資源機構 地熱部まで提出すること。公募期間は、2016年3月3日(木)~2016年11月30日(水)。

【参考】
JOGMEC - 平成28年度地熱資源開発調査事業費助成金交付事業の公募

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.