> > 貯木場跡地に約2MWの水上メガソーラー イビデン、フロート架台を自社開発

貯木場跡地に約2MWの水上メガソーラー イビデン、フロート架台を自社開発

記事を保存
貯木場跡地に約2MWの水上メガソーラー イビデン、フロート架台を自社開発

イビデンエンジニアリング(岐阜県大垣市)は、イビデン本社が所有する衣浦事業場の貯木場跡地(愛知県高浜市)に、出力規模1.99MWの水上フロート式太陽光発電所を建設し、2月15日から運転開始、3月14日に竣工式を行った。

同発電設備には、自社開発のフロート架台が使用され、7,680枚の太陽光発電パネルが設置されている。年間予想発電量は約2,400MWh。これは一般家庭約660世帯分の年間消費電力量に相当する。年間のCO2排出削減量は約1120トンを見込む。発電した電力は電力会社に売電する。

同社のフロート架台は、軽量な高密度ポリエチレン製で水上でも腐食に強く、現在特許申請中だ。太陽光発電は通常外気温が上がる夏には発電出力が低下するが、水上フロート式は冷却効果が期待でき、同社は、同発電所について、野立型の発電設備に比べ、5%程度の発電量増加が期待できそうだと予測している。

イビデンは電子関連・セラミック製品のメーカー。イビデンエンジニアリングは同グループ会社で、各種プラント・発電設備のEPC事業者。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.