> > レジリエンス・アワード2016でW受賞した、木質資源の有効活用スキーム

レジリエンス・アワード2016でW受賞した、木質資源の有効活用スキーム

 印刷 記事を保存

レジリエンスジャパン推進協議会(東京都渋谷区)は15日、防災・減災や先進的エネルギーシステム構築に取り組む企業・団体を表彰する「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」の第2回表彰式を東京・丸ビルホールにて開催した。

本年度新設された二つの表彰では、「先進エネルギー自治体大賞」で福岡県北九州市が、「バイオマス大賞」で岡山県真庭市がグランプリを受賞。また、真庭市は、「先進エネルギー自治体大賞」で金賞を受賞し、ダブル受賞となった。

北九州市のテーマは「市民参加型地域エネルギーマネジメントによる低炭素で災害に強いまちづくり」。同市は、国から「次世代エネルギー・社会システム実証」を行う地域に選定され、2010年度~2014年度の5年間、「北九州スマートコミュニティ創造事業」を推進してきた。現在、本事業で目指した、住民や企業の参加を得て、地域のエネルギーを賢く使い切る「地産地消のエネルギー・マネジメント」の取り組みのさらなる展開を進めている。

(※全文:1,590文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.