> > 長野県栄村に「木質バイオマスのガス化発電所」 チップ製造工場隣接でコスト減

長野県栄村に「木質バイオマスのガス化発電所」 チップ製造工場隣接でコスト減

記事を保存
長野県栄村に「木質バイオマスのガス化発電所」 チップ製造工場隣接でコスト減

ZEデザイン(京都府京都市)とZEエナジー(東京都港区)は、地域の資源を活かしたエネルギー空間を作り出すために、3月22日(火)、長野県下水内郡栄村と木質バイオマスのガス化発電事業協力体制構築に関する覚書を締結した。

栄村に建設される木質バイオマス発電施設

場所は長野県下水内郡栄村、発電規模は500kW。着工は2016年4月からで、完成は2016年12月の予定。事業期間は約20年間。見込まれている年間発電量は396万kWh、これは栄村の全世帯分の電気量を賄えると想定されている。

同事業は間伐材等由来の木質バイオマスを利用する発電設備としてFIT(固定価格買取制度)の認定を受けている。電力の売電先は中部電力を予定しているが、将来的にはZEエナジーの子会社で、小売電気事業者であるZEパワーを通じて地域内の企業や自治体・家庭向けにも電力を販売していく予定である。

燃料・排熱にも環境配慮

燃料の木材については、栄村が日本でも有数の豪雪地帯として知られていることから、一般的な建設よりもコストがかさむ事が懸念されていた。しかし、栄村森林組合のチップ製造工場隣接地に発電所を建設出来ること、チップヤードの最小化などの工夫を行い、導入コストの大幅な削減を実現した。

これにより、原料輸送費も必要最小限に留められ、化石燃料の消費量・トラックの騒音問題・大気汚染も軽減されることになる。また、発電後の副産物である炭は、豪雪地である栄村の融雪に利用する。

排熱についても消雪・融雪利用、木質チップの乾燥などに加え、発電所近くに栄村が建設を予定する避難所の入浴施設の加温に使用される計画である。さらに、足湯施設、コンテナ型カフェなどを併設して排熱利用することも検討されている。

栄村のこれまでのエネルギー事情について

栄村は、東日本大震災翌日に最大震度6強の地震で大きな被害を受け、住宅の全半壊、一部損壊が約700棟に上った地域であった。地域復興を願う栄村との思いと、この地において、エネルギーの地産地消かつ災害時の非常用電源として有用性がある小規模バイオマス発電所を建設することに強い意味があると考えたZEデザイン・ZEエナジーで意見が合致したことから、今回の協力体制が構築された。

ZEデザイン・ZEエナジー・栄村の三者は、地元の豊富な森林資源・未利用材のエネルギー利用による地域復興と活性化・雇用創出を目指していくことを目的としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.