> > 長野県栄村に「木質バイオマスのガス化発電所」 チップ製造工場隣接でコスト減

長野県栄村に「木質バイオマスのガス化発電所」 チップ製造工場隣接でコスト減

 印刷 記事を保存

ZEデザイン(京都府京都市)とZEエナジー(東京都港区)は、地域の資源を活かしたエネルギー空間を作り出すために、3月22日(火)、長野県下水内郡栄村と木質バイオマスガス化発電事業協力体制構築に関する覚書を締結した。

栄村に建設される木質バイオマス発電施設

場所は長野県下水内郡栄村、発電規模は500kW。着工は2016年4月からで、完成は2016年12月の予定。事業期間は約20年間。見込まれている年間発電量は396万kWh、これは栄村の全世帯分の電気量を賄えると想定されている。

(※全文:1,073文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.