> > 船の省エネ化も進む 国交省・経産省の補助事業で4件採択

船の省エネ化も進む 国交省・経産省の補助事業で4件採択

記事を保存

国土交通省は30日、経済産業省と連携して行う2016年度の「輸送機器の実使用時燃費改善事業費補助金」における「海上輸送機器の実使用時燃費改善事業(内航船の省エネルギー化推進事業)」の採択事業を公表した。

今回の公募は2016年2月24日から3月15日まで行われ、6件の応募があり、4件が採択された。 

採択事業は下記のとおり。

事業者名 申請事業 補助金採択額
日本通運/日本海運 RORO貨物船への省エネ技術・設備導入による省エネルギー事業 5億円
四国開発フェリー 大型内航フェリーによる省エネ航行実証事業 2億円
琉球海運 ディレート電子制御主機関を利用した大型新造RORO貨物船の省エネ実証事業 3億6,425万円
三菱化学物流/三菱化学物流 液化ガス船によるカーボンプロペラ推進システム省エネ実証事業 3,000万円

同事業は、革新的技術の導入による船舶と運航システムの省エネルギー化を目指した実証事業を補助するもの。船舶の種類・航路別に省エネ船舶を導入し運航データを収集し、その省エネ効果を広く共有することで、内航海運の省エネルギーを推進する目的で実施される。

【参考】
国土交通省 - 内航船の省エネルギー化推進事業の決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.