> > 「新電力×電力の見える化」 大塚商会の特高・高圧需要家向け新サービス

「新電力×電力の見える化」 大塚商会の特高・高圧需要家向け新サービス

記事を保存

大塚商会は、4月1日より小売電気事業者のグローバルエンジニアリング(福岡県福岡市)の取次店として「電力供給サービス」を始めるとともに、電力と自社ソリューションをセットにした「新電力×電力の見える化」電力プランの提案を開始した。

本サービスは、日本全国8エリア(北陸・沖縄を除く)において、高圧契約と特別高圧契約の顧客を対象に提供する。

同社は、電力供給会社を新電力(PPS)にするメリットについて、電気の品質はそのままに、電気料金を削減できることをあげる。加えて自社のデマンド監視装置による「電力の見える化ソリューション」と組み合わせて提供することで、顧客のさらなる電気代の削減の実現を図る。

企業の電気コストは上昇が続き、大きな経営課題の1つとなっている。そのような状況下において同社はこれまでに電力料金の削減につながる、「LED照明」「照明コントロール」「電力の見える化サービス」を顧客に提供してきた。また、4月1日より電力小売りの全面自由化が始まる中で、顧客より新電力を活用してさらに電気代を削減したいといった要望も多数寄せられていた。電力と自社ソリューションとのセットプランによりそのニーズに応える。

大塚商会ならではのインターネットサービスやセキュリティ製品などと組み合わせてお得になる「セット割」も順次開始する予定だ。

グローバルエンジニアリングについて

同社は、グローバルエンジニアリングの取次店として、「新電力供給取次サービス」を開始した。グローバルエンジニアリングの電力を提案する理由について、水力・石炭・バイオマスなどの大手発電会社と契約し自社発電所を所有していることと、3,000社を超える実績を持つ小売電気事業者であることをあげる。大塚商会ならではのインターネットサービスやセキュリティ製品などと組み合わせてお得になる「セット割」も順次開始する予定だ。

大塚商会の電力の見える化ソリューション

大塚商会は、新電力に切り替えをするだけでは、根本的な解決策にならないと指摘する。同社の電力の見える化ソリューションでは、リアルタイムで電力の使用状況を可視化「電力の見える化」+警報メールでデマンドピークを通知する「デマンド監視」+万が一のピークオーバーも保証範囲内なら年間何回でも保証する「ピークオーバー保証」で、さらなる電気代の削減を実現する。

クラウド上の一元化で多拠点管理や削減シミュレーションを行うことができ、電力の使用状況を可視化し使いすぎの際には管理者に通知送付し、さらに多拠点・多店舗の顧客には本社にて一元管理することで目の行き届かない拠点の電力管理が行うことが可能である。大塚商会ならではのインターネットサービスやセキュリティ製品などと組み合わせてお得になる「セット割」も順次開始する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.