> > 下水道に改革を起こす「B-DASHプロジェクト」、2016年度の12事業が決定

下水道に改革を起こす「B-DASHプロジェクト」、2016年度の12事業が決定

 印刷 記事を保存

国土交通省は4月5日、下水道事業の発展と水ビジネスの海外展開を支援するためのプロジェクトである「B-DASHプロジェクト」の2016年度の実施技術を決定した。

今回対象となるテーマは下記の5つ。1と2は実規模での実証を、3~5については予備調査をそれぞれ行う。

  1. 中小規模処理場を対象とした下水汚泥の有効利用技術
  2. ダウンサイジング可能な水処理技術
  3. 下水熱を利用した車道融雪技術
  4. 災害時に適した処理・消毒技術
  5. 消化工程なしで下水道資源から水素を製造する技術

市や大学なども提携して計12技術を実施

今回は実規模事業4件、予備調査8件の合計12技術を実施する。

実規模事業にはヒートポンプ技術を応用した省エネかつ低コストの技術や、特殊繊維担体を用いた余剰汚泥削減技術などが選ばれた。

予備調査は、新素材による高採熱管を使用した場合の下水熱の車道融雪への適用条件をシミュレーションで確認する調査や、下水処理水と海水の温度差を利用した水素製造システムの調査などを実施する予定だ。

(※全文:3,150文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.