> > ココイチ、「一般廃棄物の処理を委託してしまったが、無理強いはしていない」と釈明

ココイチ、「一般廃棄物の処理を委託してしまったが、無理強いはしていない」と釈明

 印刷 記事を保存

壱番屋(愛知県一宮市)は9日、同社が社員食堂廃棄物を一般廃棄物処理の許可を持たないダイコー(稲沢市)に委託したと掲載された中日新聞朝刊の記事について、内容の一部訂正と、その事実関係について発表した。

この記事には、同社の本社社員食堂の生ごみを、一般廃棄物処理の許可をもたない産業廃棄物処理業者ダイコーに委託し、また委託にあたって無理強いをしていた旨が記載されていた。同社はダイコーにごみの処理を委託していたことは事実だが、無理強いした事実は一切なかったとし、この経緯を下記のように説明した。

同社は、2001年より、工場で排出される産業廃棄物などの処理をダイコーに委託していたが、2010年3月からは、電子マニフェストの対応のため、他の産廃業者に委託していたパン粉および、同社員食堂の生ごみもあわせて委託するようになった。同社員食堂の規模は、1日あたりの利用者数約140人、生ごみの量は平均約5キロ。

なお、同社は、ダイコーが一般廃棄物処理の許可をもたないことを未確認のまま、当時契約に至った理由は下記のとおり。

(※全文:852文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.