> > エネルギー起源のCO2排出量、5年ぶりに減少 再エネ拡大も要因のひとつ

エネルギー起源のCO2排出量、5年ぶりに減少 再エネ拡大も要因のひとつ

 印刷 記事を保存

経済産業省資源エネルギー庁は15日、各種エネルギー関係統計等を基に、2014年度の総合エネルギー統計確報を作成し、エネルギー需給実績を取りまとめ公表した。

エネルギー起源CO2(二酸化炭素)排出量は、震災後の原子力発電所稼働停止等の影響により、4年連続で増加してきたが、2014年度は前年度比3.7%減で、5年ぶりに減少した。同庁は要因として、発電における石油からガス・再生可能エネルギーへのエネルギー源の転換や、火力発電の高効率化、省エネの進展、気候の状況などをあげる。

資源エネルギー庁のホームページに「平成26年度(2014年度)総合エネルギー統計確報」(Excel形式)を掲載している。その他のエネルギー需給実績(確報)のポイントは以下のとおり。

(※全文:1,498文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.