> > 三菱自動車、軽自動車の燃費試験で不正操作 日産へのOEMも含め販売停止へ

三菱自動車、軽自動車の燃費試験で不正操作 日産へのOEMも含め販売停止へ

記事を保存

三菱自動車は20日、軽自動車4車種の燃費試験において、燃費を実際よりも良く見せるため、不正行為が行われていたと発表した。また、その他の国内市場向け車両についても、国内法規で定められたものと異なる試験方法を行っていたことが判明した。

燃費試験で不正行為があったのは、2013年6月から同社で生産している「eKワゴン」「eKスペース」と、日産自動車向けに供給している「デイズ」「デイズルークス」の計4車種。これまでに同社は計15万7000台を販売し、日産自動車向けには計46万8千台を生産している(2016年3月末時点)。

4月6日に全国軽自動車協会連合会が発表した2015年度の軽自動車通称名別ランキングによると、日産自動車「デイズ」シリーズは3位で販売台数は14万413台。三菱自動車「eK」シリーズは12位で販売台数は4万3,297台。ともに両社の軽自動車の主力アイテムとなっている。

日産がデータの乖離を発見

三菱自動車では、これら4車種の型式認証取得において、同社が国土交通省へ提出した燃費試験データについて燃費を実際よりも良く見せるため、不正な操作が行われていた。

燃費試験については、該当車のいずれについても、開発を担当し認証届出責任を持つ同社が実施していた。しかし、次期車の開発にあたり、日産自動車が該当車の燃費を参考に測定したところ、届出値との乖離があり、同社が試験で設定した走行抵抗値(車両走行時の転がり抵抗(主にタイヤ)と空気抵抗)について確認を求められた。これを受けた社内調査の結果、実際より燃費に有利な走行抵抗値を使用した不正を把握した。該当車に乗っている顧客に対しては、今後、誠実に対応すると話している。

また、三菱自動車は該当車の生産・販売を停止する。日産自動車でも当面、「デイズ」「デイズルークス」の販売を中断すると発表しており、補償についても今後、協議する。日産自動車は、今回の内容の詳細ならびに顧客への対応について、順次案内していくとコメントしている。

外部有識者による委員会を設置し調査

国内市場向け車両について、国内法規で定められたものと異なる試験方法がとられていたことについては、社内調査の過程でわかった。また、状況の重大性を鑑み、海外市場向け車両についても調査を行う。

これら問題につき、さらに客観的で徹底的な調査を行うため、独立性のある外部有識者のみによる調査のための委員会を設置し、調査結果がまとまり次第、公表する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.