> > 給湯1次エネルギー効率143%の住宅用「ハイブリッド給湯・暖房システム」

給湯1次エネルギー効率143%の住宅用「ハイブリッド給湯・暖房システム」

 印刷 記事を保存

湯まわり設備メーカーのノーリツ(兵庫県神戸市)は21日、ガスと電気を組み合わせて利用する、戸建住宅用「ハイブリッド給湯・暖房システム」について、業界最高レベルの給湯一次エネルギー効率143%を実現した新商品を2016年9月1日に発売すると発表した。

新商品は、高効率ガス給湯器(エコジョーズ)と空気熱を利用するヒートポンプユニットの両方を利用することで、高い省エネ効率とお湯の安定供給を両立させた商品。商品バリエーションは、給湯・ふろ・暖房タイプと給湯・ふろタイプの2タイプ。いずれも準寒冷地エリアに対応する。また、2017年春には集合住宅向けの発売も予定している。

年間約69,000円、CO2排出量51%削減

給湯一次エネルギー効率(地域給湯使用時の効率。暖房は除く)143%は、「貯湯ユニットのタンク容量を従来の90Lから140Lに拡大」、「一番効率の良い時に必要な分だけムダなく貯湯する『スマート制御』の機能向上」、「季節に応じたヒートポンプ出力の自動制御を新たに搭載」などの改善によって実現した。これにより従来型ガス給湯器と比較し、給湯光熱費を約66%削減、ランニングコストで年間約69,000円削減できるという。

(※全文:1,611文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.