> > 1km四方の精度で日射量を予測する新サービス 太陽光発電の出力予測に

1km四方の精度で日射量を予測する新サービス 太陽光発電の出力予測に

記事を保存
1km四方の精度で日射量を予測する新サービス 太陽光発電の出力予測に

日本気象協会は、太陽光発電出力の予測精度向上に活用できる、高精度・高解像度のエリア日射量予測サービス『SYNFOS-solar 1kmメッシュ』の提供を4月21日から開始した。

このサービスの提供により、天候に左右されやすい太陽光発電の出力変動に対して、最大72時間先まで30分ごとの日射量を全国1kmメッシュ(1km四方単位)で予測することが可能になった。これにより太陽光発電の供給力を適切に考慮した需給計画を作成することができるようになり、電力エリア(全国10エリア)における安定した電力需給運用の実現に活用できる。

本サービスは、大手電力会社の電力需給運用に活用できる情報としても採用されている。

日射量の予測精度を15%以上アップ

『SYNFOS(しんふぉす)-solar 1kmメッシュいちきろめっしゅ)』は、最大72時間先までの30分ごとの全天日射量(W/m2)予測データを、1kmメッシュの水平解像度をもつ電力エリア単位にて、オンライン配信する。1日4回更新して発表する。

本サービスは、日射量の予測精度を向上させた日本気象協会独自気象モデル「SYNFOS-ver.2」のデータを用いている。このデータに、『SYNFOS-solar 1kmメッシュ』では全国の日射量観測データを用いた独自の手法により、面的な統計補正を加えた。これにより「SYNFOS-ver.2」に比べ15%以上の予測精度向上を実現した。

『SYNFOS-solar 1kmメッシュ』による高精度・高解像度のエリア日射量予測データは、電力エリアでの太陽光発電システムの大量導入時に、安定的な電力需給制御を実現するための支援情報として活用できる。また、一般家庭に設置された太陽光発電パネルなど、特定エリア内に広く配置された分散型電源の出力予測に利用することで、スマートグリッド(電力の供給側と需要側を通信制御ネットワークで結んだ双方向の次世代エネルギー供給網)の監視制御システムなどへの活用も期待される。

東北電力は5km・20kmメッシュの気象予報データを活用

東北電力は20日、太陽光発電出力の予測精度の向上を図った、新たな「太陽光発電出力予測システム」を三菱電機と共同で開発し、本年4月より運用を開始したと発表した。

同社の従来の予測手法では、各県1個所(気象台地点)の日射量予測を基に太陽光発電出力を予測してしていたが、新システムでは、気象庁提供の5kmないし20kmメッシュの気象予報データを基に日射量を予測し、太陽光発電出力を予測する。

さらに、最新の気象データを反映できるよう予測頻度を高めるとともに、過去の太陽光発電実績から日射量と太陽光出力の関係を分析し、予測値に補正を加えること等により、予測精度の向上を図った。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.