> > 宮城県、省エネ・新エネ・廃棄物・リサイクル関連の補助金を7件スタート

宮城県、省エネ・新エネ・廃棄物・リサイクル関連の補助金を7件スタート

記事を保存

宮城県は、事業者の省エネルギー新エネルギー産業廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)に関する設備導入や研究開発等を支援するため、みやぎ環境税および産業廃棄物税を活用した各補助金の募集を開始した。

これらの補助金は、地球温暖化対策として、また、自立・分散型エネルギーの普及拡大、循環型社会の形成推進に向けて実施するもの。なお、各補助金の詳しい内容や交付要綱、申請様式、手引き等については、宮城県環境政策課のホームページを参照のこと。概要は下記のとおり。

省エネルギー・コスト削減実践支援事業

県内事業者の宮城県内拠点における省エネ設備の導入に要する経費の一部を補助する事業。

補助対象設備は高効率照明器具(LED含む)、高効率空調機、高効率ボイラーなどの省エネ設備・省エネ設備に併設するエネルギーマネジメントシステム(EMS)。

補助率は、導入設備が宮城県産品の場合は1/2以内。ただし、高効率照明器具(LED含む)は1/3以内。県産品ではない設備を導入する場合は1/3以内。高効率照明器具(LED含む)は1/5以内。いずれも補助上限額は500万円。なお、「宮城県産品」とは、「宮城県『新商品』特定随意契約制度」などの認定商品を指す。

募集期間は6月8日(水)まで。

新エネルギー設備導入支援事業

県内事業者の宮城県内拠点における、新エネルギー設備の導入に要する経費の一部を補助する事業。補助対象設備は下記の通り。

  1. 太陽光発電
  2. 風力発電
  3. バイオマス発電
  4. 水力発電
  5. 地熱発電
  6. 太陽熱利用
  7. 温度差エネルギー利用
  8. バイオマス熱利用
  9. 雪氷熱利用
  10. 地中熱利用
  11. ガスコージェネレーション
  12. 燃料電池
  13. および1~5の設備と併せて導入する蓄電池

補助率・補助上限額は下記の通り。

  • 太陽光発電設備(売電型):1/10以内(県内産パネル使用の場合1/8以内)、上限500万円
  • 太陽光発電設備(自家消費型):1/3以内(県内産パネル使用の場合1/2以内)、上限500万円
  • 1~5の再エネ発電設備とあわせて導入する蓄電池:1/3以内、上限500万円
  • 太陽光発電以外(2~12)の設備:1/2以内、上限額は2000万円(蓄電池を含む)

募集期間は5月31日(火)まで。

クリーンエネルギーみやぎ創造チャレンジ事業

クリーンエネルギー等を活用した環境負荷低減モデルの確立を目指す、県内で事業を行う法人の技術開発・実証実験・市場性調査などの取組みに要する経費の一部を補助する事業。

補助対象期間は3年以内。複数年度まとめて計画を認定し、年度ごとに交付を決定する方式。補助率は1/2以内で、補助上限額は750万円(2年以内)、または500万円(3年以内)。募集期間は6月15日(水)まで。

みやぎ産業廃棄物3R等推進設備整備事業

県内事業者の宮城県内拠点における、産業廃棄物の3R推進設備整備に要する経費の一部を補助する事業。補助対象事業は下記4種類。

  1. 産業廃棄物の発生抑制のための設備等の整備
  2. 産業廃棄物の再使用のための設備等の整備
  3. 産業廃棄物の再資源化のための設備等の整備
  4. 産業廃棄物由来の再生資源の利活用のための設備等の整備

補助率は1/2以内で、補助上限額は2000万円まで。募集期間は5月27日(金)まで。

3R新技術研究開発支援事業

県内事業者の、産業廃棄物の3R推進に関する研究開発に要する経費の一部を補助する事業。

  1. 大学等と連携して行う県が指定する産業廃棄物の3R新技術の研究開発
  2. 産業廃棄物の3R新技術の研究開発
  3. 産業廃棄物系バイオマスのエネルギー利用のための研究開発
  4. 産業廃棄物最終処分場での適正処理の促進に関する新技術の研究開発

補助対象期間は3年以内。複数年度まとめて計画認定し、年度ごとに交付決定する形式。補助率は上記1の場合2/3以内、それ以外は1/2以内。補助上限額は1の場合700万円(3年以内)、それ以外は750万円(2年以内)または500万円(3年以内)。

募集期間は5月27日(金)まで。

産業廃棄物再生資源等有効活用推進事業

県内事業者の、産業廃棄物を利用したリユースシステムの構築やリサイクル製品の事業化等に要する経費の一部を補助する事業。補助対象事業は下記の3件。

  1. 3Rシステム構築のための調査、再生資源化製品の開発・研究など
  2. 再生資源化製品の需要開拓、再生資源の有効利用促進に関する取組みなど
  3. 産業廃棄物由来バイオマスのエネルギー利用のための調査等の取組み

補助率は1/2以内、補助上限額は100万円。募集期間は7月29日(金)まで。

宮城県バイオディーゼル燃料利活用奨励金交付事業

バイオディーゼル燃料(BDF)を燃料とした路線バスや貨物輸送用トラック等を運行し、かつ、BDF利用促進に向けた普及啓発を行う県内の事業者に対し、奨励金を交付する事業。補助率・補助上限額は「BDFの月間平均使用量に応じた定額」。BDFの月間平均使用量で下記の通りに補助額が変わる。

1,000L/月以上2,000L/月未満

交付額30千円/月、交付上限額1,200千円

2,000L/月以上3,000L/月未満

交付額50千円/月、交付上限額1,200千円

3,000L/月以上4,000L/月未満

交付額70千円/月、交付上限額1,200千円

4,000L/月以上

交付額100千円/月、交付上限額1,200千円

※公共利用以外の事業者は交付額および交付上限額を上記の各1/2とする。

募集期間は5月27日(金)まで。

【参考】
宮城県 - 省エネ・新エネ・3Rに関する事業者向け補助金の募集

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.