> > 西部ガス、工場跡地を植物工場に 農薬不使用で低カリウムレタスを栽培

西部ガス、工場跡地を植物工場に 農薬不使用で低カリウムレタスを栽培

パナソニックは9日、西部ガスのグループ会社である、エスジーグリーンハウス(福岡県北九州市)に、「低カリウムレタス」の水耕栽培用として人工光型植物工場システムを納入したと発表した。

本システムは、エスジーグリーンハウスが「低カリウムレタス」を栽培・販売するために新設した栽培棟に採用された。エスジーグリーンハウスの新栽培棟では、本年1月からの栽培実証実験を経て、5月20日より、「低カリウムレタス(ブランド名:健腎菜(けんじんさい)」の販売を開始する。

新栽培棟では、「人工光型植物工場システム」と、これによるパナソニックの栽培技術を活用することで、低カリウムレタス日産3,500株の生産が可能。

低カリウムレタスとは

低カリウムレタス「健腎菜」は、カリウム摂取を制限されている腎臓病の人でも生食ができるように、カリウムの含有量を一般的なリーフレタスに比べて約13%以下に抑えたレタス。また、密閉型のクリーンルームにおいて農薬不使用で栽培されている。

全国の腎臓病患者数は約1,330万人といわれており、今後の需要拡大が見込まれることから、エスジーグリーンハウスは、九州で初めて低カリウムレタスの水耕栽培事業を開始する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.