> > CO2削減ポテンシャル診断の結果から、新たな省エネ対策を検討する事業者募集

CO2削減ポテンシャル診断の結果から、新たな省エネ対策を検討する事業者募集

記事を保存

環境省は、「CO2削減ポテンシャル診断」事業のこれまでの診断結果に基づき、新たなCO2削減対策などを検討する委託事業者を募集している。

2010年から同省が実施してきた同診断事業は、工場や事業場でのエネルギー起源CO2排出削減ポテンシャルを、専門の診断機関が診断し、対策を提案する取組に対して、支援を行うもの。

今回の「2016年度CO2削減ポテンシャル診断結果を活用した新たな削減対策等検討委託業務事業」は、過去の診断結果(エネルギー使用実態や診断された削減対策の経済性など)に基づいて新たな対策を検討するもので、さらなるCO2の削減を推進する目的で実施される。事業実施期間は単年度。

具体的な業務概要は、製造過程や民生需要分野のうち、この10年でCO2削減が充分に進んでいないと考えられる業種やプロセス、設備・システムなどを選定し、CO2削減ポテンシャル診断の手法の活用により、原因を明確化し、解決策を技術開発や実証等の視点から整理し早期導入へのロードマップを策定する。

対象者は民間企業、法人、コンソーソアムなど。公募実施期間は2016年6月3日(金)まで。

公募説明会への参加は必須

説明会は、5月16日(月)11時から、合同庁舎5号館3階の第2会議室にて1時間程度おこなわれる。応募を検討している事業者は、この説明会に必ず参加することが求められている。参加人数は1事業者につき2名以内。なお会場では、公募に関する資料は配布されないので、必要資料の持参が必要だ。

【参考】
環境省 - CO2削減ポテンシャル診断結果を活用した新たな削減対策等検討委託業務の公募

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.