> > 山形県、廃棄物削減計画を見直し バイオマス発電・熱利用施策も拡充

山形県、廃棄物削減計画を見直し バイオマス発電・熱利用施策も拡充

 印刷 記事を保存

山形県は、「県民協働で、低炭素社会に貢献するごみゼロやまがたの実現」を基本理念に、「第2次山形県循環型社会形成推進計画~ごみゼロやまがた推進プラン~」【中間見直し版】を策定した。

見直し版では、現行計画(2011年度から2020年度)の中間年である2015年度に、国の法制度、社会経済等の変化や計画目標の達成状況等を踏まえ、計画目標や強化すべき施策等について見直しを行った。

今回の見直しにおいても、基本理念のもと、「全国一ごみの少ない県を目指す」と「リサイクル等の循環型産業の振興」を基本目標として、引き続き取り組んでいく。

廃棄物排出量、2014度比で約13%削減めざす

【中間見直し版】における2020年の基本的数値目標は以下のとおり。

一般廃棄物については、排出量355,000トン(2014年度から53,000トン(約13%)削減)、うち事業系ごみの排出量89,000トン(2014年度から22,000トン(約20%)削減)、家庭系ごみ排出量(1人1日当たり)430g(2014年度から96g(約18%)削減)。リサイクル率は27%(2014年度から8%向上)、最終処分量は38,000トン(2014年度から7,000トン(約16%)削減)。

(※全文:1,807文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.