> > 電力サービスの変更、半数が「比較するのもめんどくさい」 民間調査

電力サービスの変更、半数が「比較するのもめんどくさい」 民間調査

 印刷 記事を保存

クリエイティブジャパン(東京都豊島区)は11日、マーケティング資料のポータルサイト「資料JP」で、「電力自由化に関するアンケート」の結果を公開した。

これによると、「電力自由化」の認知度はおよそ8割。しかし電力自由化がスタートしたことを知っていた人のうち、実際に電力会社の変更をした人は9.8%で、約1割だった。約6割が変更の決め手となったのは「料金プラン」と答えている。また、キャンペーンやセット料金などではなく、「電気料金」そのものの安さに魅力を感じて、変更していることが伺えた。

一方、電力会社の変更をしていない人の半数は各社の電気料金の比較すら面倒に感じていることがわかった。各社の料金プランなど調べたけれど、よくわからず決めかねたという人も3割いた。

結果概要は以下のとおり。

(※全文:885文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.