> > 「バイオマス産業都市」で事業拡大を 2017年度の募集スタート 

「バイオマス産業都市」で事業拡大を 2017年度の募集スタート 

 印刷 記事を保存
「バイオマス産業都市」で事業拡大を 2017年度の募集スタート 

バイオマス産業都市について
こちらをクリックすると拡大します

内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省の関係7府省は、5月17日、バイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指すバイオマス産業都市を選定する公募を開始した。公募期間は7月7日まで。

バイオマス産業都市の選定地域

バイオマス産業都市の選定地域
こちらをクリックすると拡大します

同事業は、関係7府省が連携し、2017年度のバイオマス産業都市構想の提案を募集するもの。これまでに68市町村がバイオマス産業都市として選定されている。

国内の農村部・都市部の各地域は、木質、食品廃棄物、下水汚泥、家畜排せつ物などの豊富なバイオマスを有している。

しかし、これらを活用した産業創出と、地域循環型の再生可能エネルギーの強化を図り、地域の雇用創出や活性化につなげていくことが課題となっている。

これを受け、同事業は、各地域で広く薄く存在するバイオマス原料の収集・運搬から、製造・利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、バイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指し、実施されるもの。

応募できるのは、市町村や、その市町村が属する都道府県の共同体、またはこれらと民間団体(複数も可)の共同体。

選定時のポイントは、全国のモデルとなるような取り組みであるかという先導性。地域のバイオマスの利用促進・地域循環型のエネルギーの強化・雇用創出・温室効果ガス削減などの地域波及効果が高いかという実現可能性。

その他に、地域のバイオマスの利用促進など地域波及効果の高さ、関係者の連携の下でバイオマス産業都市構想の具体化、評価等を適確に実施していくための実施体制がある。

応募は、募集要項に従い提案書および参考資料を、郵送と電子メール両方で提出する。審査は有識者で構成する選定委員会が行い、選定推薦案を決定し、これをもとに関係7府省が共同で地域を選定する。

選定された地域は、バイオマス産業都市関係府省連絡会議を活用しながら、構想の内容に応じて、関係7府省の施策の活用、各種制度・規制面での相談・助言などを含めた支援が行われる。

なお、バイオマスを活用した取り組み事例が、農林水産省のホームページで公開されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.