> > 省エネ対策などを大きく変えるIoT NEDOがシンポジウム開催

省エネ対策などを大きく変えるIoT NEDOがシンポジウム開催

記事を保存

NEDOは6月8日、幕張メッセで開催されるネットワークコンピューティングを中心としたIT関連の最大級のイベント「Interop Tokyo 2016」で、IoT(Internet of Things)をキーワードとしたシンポジウムを開催する。

本シンポジウムでは、産学官の専門家とともに、IoT分野の政策、技術開発、ユーザーニーズ、海外状況等の動向を俯瞰する場を設けることで、今後、日本が推進すべき方向性の明確化を目指す。

NEDO IoTシンポジウム

日時は6月8日(水)13:15~15:55、場所は幕張メッセ(国際会議場)。プログラムは下記の通り(予定)。

経済産業省施策紹介

佐野 究一郎氏(経済産業省 商務情報政策局 情報経済課長)

講演(1)「IoTが経済・産業・社会・地方を変える」

森川 博之氏(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)

講演(2)「IoTのエンジンとなるディープラーニング」

西川 徹氏(Preferred Networks 代表取締役社長 最高経営責任者)

講演(3)「先端技術とサービスイノベーション」

小松崎 常夫氏(セコム 常務執行役員 IS研究所 所長)

講演(4)「インダストリー4.0が生み出す新市場:App Store for Machines」

川野 俊充氏(ベッコフオートメーション 代表取締役社長)

パネルディスカッション:―IoT技術への期待と今後の展望―

<モデレータ>

  • 山崎 知巳氏(NEDO IoT推進部長)

<パネリスト>

  • 佐野 究一郎氏(経済産業省 商務情報政策局 情報経済課長)
  • 森川 博之氏(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)
  • 西川 徹氏(Preferred Networks 代表取締役社長 最高経営責任者)
  • 小松崎 常夫氏(セコム 常務執行役員 IS研究所 所長)
  • 川野 俊充氏(ベッコフオートメーション 代表取締役社長)

閉会挨拶およびNEDO事業紹介

山崎 知巳氏(NEDO IoT推進部長)


参加申込み方法、その他詳細については、記事末尾のNEDOのウェブサイトを参照のこと。

NEDOはIoT分野の取り組みを強化

Interop(インターロップ)は世界で開催されている、ネットワークコンピューティングに特化したテクノロジーとビジネスのイベント。日本では1994年の初開催以来、2016年で23回目の開催を迎える。今回の開催期間は6月8日~10日。会場ではデモンストレーションなどを通じてICTの最新技術を見ることができる。

技術革新やインターネットの普及により、世の中に存在するあらゆるモノ(商品、物体、設備)がセンサーを備えるとともに、それらがインターネットに接続されるIoT社会が進展し、新たなサービスやビジネスモデルが生み出されつつある。

あらゆるモノがインターネットでつながるIoT社会に対応する取り組みを強化するために、NEDOは2016年4月、「IoT推進部」を設置するとともに、IoT技術開発に関する2件のプロジェクトを開始した。本シンポジウムはIoT分野の取り組み強化の一環として開催する。

昨年改訂された「日本再興戦略2015」において、IoT・ビッグデータ・人工知能(AI)時代への産業構造・就業構造改革が掲げられた。この変革の流れに乗り遅れれば国際競争力等を失う一方、新たなビジネスに取り組む絶好のチャンスと捉えている。

昨年10月には官民を挙げてIoTを活用した未来への投資を促す適切な環境を整備するために「IoT推進コンソーシアム」が設立された。その下で、先進的IoTプロジェクトの発掘・育成に向けて、企業連携・資金・規制改革支援を実施する「IoT推進ラボ」等により産業界の取り組みが活発化している。

【参考】
NEDO - 「NEDO IoTシンポジウム」を開催 ―IoT分野の方向性の明確化を目指す―

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.