> > 改正FIT法成立 ―認定取消ルール・入札方式導入―

改正FIT法成立 ―認定取消ルール・入札方式導入―

記事を保存

平成29年4月1日より固定価格買取制度が変更になる改正FIT法が参議院本会議で、本日可決した。これにより、平成29年3月31日までに、接続契約を締結されていない場合、原則として現行制度の認定が失効することになる。

また、国民負担の軽減を目的にした、大規模太陽光で発電する電気の買い取り価格の決定に入札制度を導入する。認定を取得しながらも発電を始めていない事業者の退場を促し、低いコストで発電する後発事業者を後押しする形となる。詳細は下記より。

【参考】
資源エネルギー庁 - 平成29年4月1日から固定価格買取制度が変わります~固定価格買取制度の認定を受けている皆様へ~

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.