> > 関西電力、首都圏での電力販売は7月スタート 東電より4~6%お得に

関西電力、首都圏での電力販売は7月スタート 東電より4~6%お得に

 印刷 記事を保存

関西電力は30日、7月1日から首都圏において家庭など低圧供給の顧客への電力販売を開始すると発表した。3年間で10万件の契約獲得を目指す。6月1日から同社ホームページにて事前受付を開始する。

東京電力より4~6%お得

例えば、東京電力の「従量電灯B」から「はぴeプラス」に変更した場合の料金メリットは、ひと月あたりの電気の使用量が400kWhの顧客で年間で約4,800円(4%減)お得に、600kWhの顧客で年間で約11,000円(6%減)お得になると試算している。また年間で約1,000円相当の「はぴeポイント」が貯まる。加えて、「はぴe暮らしサポート」の2017年3月31日までの月額料金(最大2,700円分)が無料となる。

ひと月あたり300kWh以上使用している家庭などに、東京電力エナジーパートナーの「従量電灯B」より、電気料金が安くなる首都圏での新料金メニュー「はぴeプラス」を用意した。

(※全文:971文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.