> > 既存オフィスビル、執務を続けながらZEB化改修 竹中工務店が自社ビルで実現

既存オフィスビル、執務を続けながらZEB化改修 竹中工務店が自社ビルで実現

 印刷 記事を保存

竹中工務店は、一般的なオフィスビルにおいて、執務を続けながら、ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング(ZEB)化を目指した改修を実施したプロジェクトの概要を発表した。

今回の改修は、住宅などより床面積当たりの消費電力が大きいとされる実用オフィスにおいて、実験的なZEBから「本当に使える」ZEBをめざすもの。同社は、今後多くの建物を省エネ化するのに必要な方策や効果を検証する先端的なモデルプロジェクトと位置付けている。

改修をおこなったのは、同社東関東支店(千葉県千葉市)として使用している、2003年竣工のオフィスビル。地上2階、RC、S造で、敷地面積は1,432平米、延床面積は1,318平米。改修工事の期間は2015年10月~2016年3月。

後述する4つのコンセプトを掲げ、新しいワークスタイルの提案や、各種省エネ技術の導入によりZEB化を図るとともに、災害時に備えたBCP(事業継続計画)の向上や、自然の風や光を利用したパッシブデザインの採用による快適性の向上など、さらなる付加価値を追求している。

(※全文:1,761文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.