> > 灌漑用水路でも発電できる 熊本県山都町に約2MWの小水力発電

灌漑用水路でも発電できる 熊本県山都町に約2MWの小水力発電

記事を保存
灌漑用水路でも発電できる 熊本県山都町に約2MWの小水力発電

九州電力グループの九電みらいエナジーは、熊本県山都町において、緑川水系鴨猪川から取水するかんがい用水路の一部と未利用落差を利用して発電を行う、小水力発電所を建設すると発表した。6月に工事を開始し、2018年7月に運転を開始する予定。

発電所の名称は「鴨猪(かもしし)水力発電所」で、最大出力は1,990kW、年間発電電力量は約9,600MWh(一般家庭約2,600戸の年間使用電力量に相当)。最大使用水量は毎秒0.95立米(950リットル)で、有効落差は約260m。

同社では、同町において、豊富な水資源の有効活用を目的に、水力発電事業の計画を進めてきたが、本格的に水力発電所建設を開始することとなり、1日、かんがい用水利用に関する協定書を締結した。協定書は、山都町工藤秀一町長立会いのもと、鴨猪水力発電所建設協議会、かんがい用水路を所有する矢部土地改良区、九電みらいエナジーの3者で締結した。

九電みらいエナジーは、国産エネルギーの有効活用、地球温暖化の防止、さらには地域資源活用による地域活性化への貢献を目的に、再生可能エネルギー全般にわたる発電事業の推進に取り組んでいる。今回の小水力発電所建設により、同社は子会社が所有するものも含め、再生可能エネルギー5電源(地熱・風力・バイオマス・太陽光・水力)すべての開発・運営を行うことになる。今後も地域と共存共栄を図り、安定供給や環境に配慮しながら、再生可能エネルギーの普及拡大に努めていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.