> > 国交省、まちの創蓄省エネルギー化の構想を募集 選定されればモデル地域に

国交省、まちの創蓄省エネルギー化の構想を募集 選定されればモデル地域に

記事を保存
国交省、まちの創蓄省エネルギー化の構想を募集 選定されればモデル地域に

国土交通省は6月6日、低炭素社会の実現のため、まち・住まい・交通の一体的な創蓄省エネルギー化に向けた先導的な構想についての提案を募集すると発表した。

事業名称は「平成28年度まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業」。優れた提案については、「モデル地域」として選定し、有識者や国交省の関係部局などから支援を受けられる。提案内容は下記のような基準で選定される。

新規性・横断性・地域性

先端技術の活用、まち・住まい・交通分野の融合、創エネ・蓄エネ・省エネの組み合わせ、地域資源の有効活用など

実行可能性

実施体制、事業採算性など

期待される効果

環境面、経済面、社会面など

他地域への展開

汎用性、導入難度など


提出期間は7月22日(金)まで。なお、東京・高松・松山・仙台で説明会が行われる。詳しい日程の内容は以下のとおり。

東京会場

  • 日時: 6月14日(火) 受付15:30 開始16:00
  • 場所: 日本総研 東京本社 13階大会議室
  • 住所: 東京都品川区東五反田2-18-1 大崎フォレストビルディング

高松会場

  • 日時: 6月17日(金) 受付10:00 開始10:30
  • 場所: 高松センタービルTCB会議室10F 1005号室
  • 住所: 香川県高松市寿町2-4-20

松山会場

  • 日時: 平成28年6月17日(金) 受付15:30 開始16:00
  • 場所: TKP松山カンファレンスセンター3F ボードルーム
  • 住所: 愛媛県松山市大手町1-10-10 ホテルJALシティ松山

仙台会場

  • 日時: 平成28年6月21日(火) 受付15:30 開始16:00
  • 場所: TKPガーデンシティPREMIUM仙台東口2F ミーティングルーム2A
  • 住所: 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-4-1 アゼリアヒルズ

平成27年度の事例:水を活かした循環型まちづくり

山形県長井市は花と水が美しいまちとして知られている。しかし、施設の老朽化や豊富な地域資源が利活用されていない状態にあった。そこで長井市は水を活かした創蓄省エネモデルの構築や省エネ・低炭素化交通システムの構築に踏み出した。

具体的には「かわと道の駅」という小さな拠点をつくり、エコトイレの採用や「ピコ発電」と呼ばれる再エネを導入し、コンパクトなまちを目指した。また、川に沿ったフットパスをつくり、エネルギーの削減にも努めた。さらに、家畜のふん尿や下水汚泥などをバイオマス化施設でエネルギーにして利活用する循環型社会の構築も目指している。

【参考】
国土交通省 - まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業の提案募集を開始します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.