> > 日本の「省エネ技術開発」 NEDOが新しい方向性・戦略案に対する意見を募集

日本の「省エネ技術開発」 NEDOが新しい方向性・戦略案に対する意見を募集

記事を保存

NEDOは、日本において2030年に向けた省エネルギー技術開発の指針となる「省エネルギー技術戦略2016(案)」に対する意見募集を開始した。

「省エネルギー技術戦略2016(案)」では、今般のエネルギー技術開発や施策に係る動向をもとに、部門横断の重要技術のうち、従来の「次世代エネルギーマネジメントシステム」を「革新的なエネルギーマネジメント技術」に変更し、IoT(モノのインターネット)などの新たな関連技術の動向を踏まえ、より広い概念でエネルギーマネジメントを扱うことにより、社会全体でエネルギー利用の最適化を図る重要技術として位置付けた。

また、2030年に向けた導入シナリオや、今後の省エネルギー技術の展開において、常に普及を見据えることの必要性を繰り返し強調するとともに、省エネルギー技術の開発・普及を不断に進め、日本の国際競争力の維持・強化を図ることの重要性を訴えている。さらに、技術の開発や普及の障壁となる各種制約等の課題を克服するため、産学官のみならず国民各層が協力し、新たな社会を作り上げていくことが、今後の省エネルギーの推進に繋がると指摘する。

(※全文:1209文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.