> > 6種類のセンサをもつ工事不要のIoTデバイス 店舗やオフィスの省エネに

6種類のセンサをもつ工事不要のIoTデバイス 店舗やオフィスの省エネに

記事を保存

Sassor(東京都渋谷区、サッソー)は6月13日、施設内のデータ取得&分析をより効率化させる、月額課金型のIoT(モノのインターネット)サービスを提供すると発表した。

温度はもちろん、人の動きまでも観測可能

このサービスは、センサデバイスとクラウドを連携したIoTサービス。デバイスには6つの項目(温度・湿度・気圧・照度・騒音・人の動き)を測定できるセンサが含まれており、クラウドと連携させることでPCサイトやモバイル端末でリアルタイムにデータの確認を行うことができる。
また、取得したデータはサッソー独自の分析エンジンサービスを利用して、より詳細な解析結果や個別にカスタマイズしたアウトプットを出すなど、ニーズに応じた取り組みに繋げることもできる。

このサービスを活用すれば、店舗やオフィスの温度・湿度の見える化で空調のコストを削減することができる。また、収集したデータを記録し、適切な制御を行うことで無駄な消費電力を抑える。施設などでは、スタッフが現場の状況をリアルタイムに確認できる。例えば、人の動きなどを分析することで、施設の混雑時間帯などが可視化され、業務の効率化も実現できる。

(※全文:574文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.