> > 40年モノの高浜原発1・2号機、60年までの運転延長が認可される

40年モノの高浜原発1・2号機、60年までの運転延長が認可される

記事を保存

原子力規制委員会、関西電力高浜発電1、2号機の40年超えの運転延長を認可

原子力規制委員会は20日、運転開始から40年を経過した関西電力の高浜発電所1、2号機(福井県高浜町)について、劣化状況の評価および保守管理の方針を審査し、60年までの運転期間延長を認可した。

関西電力は、安全性が確認された原子力発電所は速やかに再稼動したい意向を示しており、今後、早急に詳細な安全対策工事の内容、スケジュールを検討していく。一方、原子力委員会は、今後、使用前検査などを通じて、厳格に確認を行うとしている。

(※全文:1,332文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.