> > 東京都の官民連携インフラファンド、熊本のメガソーラーなどに出資

東京都の官民連携インフラファンド、熊本のメガソーラーなどに出資

記事を保存

東京都は22日、官民連携インフラファンド事業を通じて、熊本県・茨城県のメガソーラー事業および新潟県のガス火力発電所事業に投融資したと発表した。

メガソーラー事業にはスパークス・アセット・マネジメントが運営するファンド(投資事業有限責任組合)が、ガス火力発電所事業にはIDIインフラストラクチャーズが運営するファンド(同)が、それぞれ建設資金を投融資した。

都の官民連携インフラファンド事業は、電力の安定供給および社会資本整備における安定的な資金循環システムの構築を目的に推進しているもの。今回の熊本県および茨城県の投融資案件では、太陽光発電所の建設を通じた再生可能エネルギーの導入促進、新潟県の案件では、地域の天然ガス資源を活用したエネルギーの地産地消への貢献が期待される。

本事業では、これまで14件の案件に投融資している。うち11件がメガソーラーで、3件がガス火力発電事業。今回発表した3件の案件を加えると投融資プロジェクト発電出力実績は、約40万kWとなる。地域別にみると、関東が24万4,900kW(60%)で、中部10万1,300kW(25%)、九州2万kW(5%)、北海道2万1,700kW(5%)、東北2万400kW(5%)。

投資案件の概要

今回発表した投資案件の概要は以下の通り。

(※全文:977文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.