> > 燃費試験の不正、軽自動車ユーザーに10万円 三菱・日産が損害賠償内容を発表

燃費試験の不正、軽自動車ユーザーに10万円 三菱・日産が損害賠償内容を発表

記事を保存

三菱自動車と日産自動車は23日、燃費試験における不正行為が発覚した軽自動車4車種について、新届出燃費値が確定したことを受けて、これら軽自動車を使用する顧客に対する損害賠償の内容を発表した。

三菱自動車による燃費試験で不正行為があったのは、2013年5月から同社で生産している「eKワゴン/eKカスタム」「eKスペース」と、日産自動車向けに供給している「デイズ」、「デイズ ルークス」。

両社はそれぞれ、これらの車種を2016年4月21日まで使用していた顧客に対して、1台あたり10万円を支払う(リース利用等を除く)。残価設定型クレジットやリースを利用する顧客に対しては、現契約終了時に買取する場合等、現契約終了後に「10万円」から「契約年数に1万円を乗じた額」を差し引いた額を支払う。また、過去(2016年4月20日以前)に使用していた顧客には使用年数に1万円を乗じた金額を支払う。

支払い金額は、新届出燃費値と旧届出燃費値との差による燃料代の差額、今後の車検時等に想定される自動車関連諸税の増額分に、迷惑をかけたお詫び代を考慮して決定した。

なお、新届出燃費値と旧届出燃費値との差異により、購入時の減税ランクに差が生じ、追加納税義務が発生した場合は、顧客に負担をかけることがないよう、三菱自動車が責任を持って対応する。

両社は、支払いの具体的な手続きについては、2016年7月下旬を目途に、ダイレクトメールやホームページ等にて案内する予定。

両社は、国土交通省に提出し確定した新届出燃費値を公表している。これによると、三菱自動車が2015年10月から発売している「eKワゴン」のEグレードは、旧届出燃費値26.0km/Lに対して、新届出燃費値は23.6km/L。日産自動車が2015年10月から発売している「デイズ」の2WDでは、S・Xなどのグレードの旧届出燃費値30.4km/Lに対して、新届出燃費値は25.8km/L。すべての車種グレードで、新届出燃費値は低くなっている。


顧客への損害賠償の概要は下記の通り。

対象となる顧客

三菱自動車が「2013年5月から生産している『eKワゴン/eKカスタム』『eKスペース』を2016年4月21日までに使用していた顧客(自動車検査証記載の使用者)」、日産自動車が「『デイズ』、『デイズ ルークス』を2016年4月21日までに使用していた顧客(自動車検査証に記載の使用者)」。賠償の金額は下記の通り。

支払い金額(1台あたり)

  1. 10万円を支払い(以下(2)(3)(4)以外の顧客)
  2. 残価設定型クレジットを利用の顧客
    契約年数に1万円を乗じた金額を支払う。但し、現契約終了時に買取(現金一括または再クレジット)する場合は、現契約終了後に「10万円」から「契約年数に1万円を乗じた額」を差し引いた額を支払う。
  3. リースにて利用のお顧客(2016年4月21日までにリース契約を締結した顧客)
    契約年数に1万円を乗じた金額を支払う。但し、現契約満了時に車両買取権を行使する場合は、現契約満了後に「10万円」から「契約年数に1万円を乗じた額」を差し引いた額を支払う。
  4. 過去(2016年4月20日以前)に使用していた顧客
    使用年数に1万円を乗じた金額を支払う。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.