> > Looop、ネット上で太陽光発電所を見られる「バーチャル見学ツアー」開始

Looop、ネット上で太陽光発電所を見られる「バーチャル見学ツアー」開始

記事を保存
Looop、ネット上で太陽光発電所を見られる「バーチャル見学ツアー」開始

Looop(東京都文京区)は、DIY感覚で太陽光発電システムを設置できる「MY発電所キット®」が全国47都道府県への設置を達成した記念として、ユニークな新コンテンツ「Looopバーチャル太陽光発電所見学ツアー」の公開を開始した。

同社が、これまで全国の顧客へ商品を案内する中で非常に多かったのが「太陽光発電所を見学したい」という声だった。そこで、このような声に応えるため、気軽に太陽光発電所に触れられる機会を提供することを目的に本コンテンツを企画した。

Looopバーチャル太陽光発電所見学ツアーの特徴

本コンテンツはインターネット上でいつでもどこからでも太陽光発電所を見学することができるもの。360°で撮影された様々な発電所を、各所に用意された解説を読みながら自由に見て回ることができる。

見ることのできる発電所は、

  1. 平らな土地に建てられた一般的な産業用太陽光発電所
  2. 斜面に設置された発電所
  3. メガソーラー発電所
  4. 農地に設置された発電所

の4種類。太陽光発電について、基本から解説しており、導入を検討している人だけではなく、これから検討を始めるという人に向けたコンテンツとなっている。

太陽光発電オーナーの36.7%は設置前の見学を断念

同社が2016年6月6日~7日に実施した「太陽光発電」をテーマにしたインターネットリサーチ結果でも、現在太陽光発電所を保有している人の58.7%が太陽光パネル設置前にモデルハウスや発電所などで「実物を実際に見た」と回答している。一方、残り41.3%の「実物を実際に見ていない」と回答した人のうち36.7%が「近くにモデルハウスや発電所がなかったから」「近隣で設置してある場所がなかったから」という理由により、見学を諦めていたことが分かった。

本調査は、ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で、アイリサーチ登録モニターのうち、全国20歳以上の男女を対象に実施した。有効回答数は600名(太陽光パネルを現在設置している・太陽光パネルの設置を現在検討している・太陽光パネルの設置を過去に検討していたが、現在は検討していない:各200名)。

全国47都道府県への太陽光発電所設置の達成

Looopは2011年に創業し、再生可能エネルギーの普及を目指して活動している。同社は、「個人でもソーラー発電所が所有できる」「自分でもソーラー発電所が作れる」をコンセプトに「MY発電所キット®」を開発。必要な部材をキットとしてパッケージにし、わかりやすい設置マニュアルを付属、手厚い導入サポートとともに提供している。本商品は、価格の透明性やコストパフォーマンスから人気を博し、累計販売実績1,600件を突破。また、この度、福井県への設置を完了し全国47都道府県への発電所設置を達成した。

【参考】
Looop - バーチャル太陽光発電所ツアーのご案内

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.