> > 東京都の「ソーラーカーポート普及促進モデル事業」、報告書が発表

東京都の「ソーラーカーポート普及促進モデル事業」、報告書が発表

記事を保存

公益財団法人東京都環境公社は6月30日、平成27年度「ソーラーカーポート普及促進モデル事業」の報告書を公表した。

ソーラーカーポートは、駐車場の上部空間を有効活用したカーポート型の太陽光発電設備。導入のメリットとしては、既存の駐車スペースを有効活用し発電を行いながらも、車を紫外線・熱等から保護できる点、目につきやすく環境への取り組みへのPRになる点、非常時の拠点又は非常電源として活用できる点などが挙げられる。

東京都環境公社は東京都と連携し、2015年度から都内の屋外駐車場にソーラーカーポートを導入する「ソーラーカーポート普及促進モデル事業」を実施。既に若州海浜公園(若州ゴルフリンクス)、東京都水道局八王子給水事務所の2か所にソーラーカーポートを設置している。この2か所へのソーラーカーポートの設置は、2015年度に設計から施工完了までの課題等を整理するため行われた。2016年度以降は、設置したソーラーカーポートの維持管理を行い、メンテナンスをする上での課題等を検証する。


ソーラーカーポート設置の際には、大きく分けて2種類の手続きが必要となる。土地の立地や面積によって各種法令等が適用される場合があるが、一般的な手続きは以下のとおり。

(※全文:1664文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.