> > 広がる下水熱利用事業 国土交通省が支援を受けたい自治体など募集

広がる下水熱利用事業 国土交通省が支援を受けたい自治体など募集

記事を保存

三菱総合研究所は、下水熱利用事業の導入を検討する地方公共団体、民間団体・事業者等に対して、アドバイザーを派遣し、個別事案に関する課題整理と助言を行う「下水熱利用アドバイザー派遣等支援事業」において、支援を行う団体の公募を開始した。

この事業は、都市内に豊富に存在する未利用エネルギーである下水熱の利用推進のため、下水熱利用事業の導入支援を行う事業として、国土交通省が実施するもの。三菱総合研究所が事務局を担っている。

募集期間は、7月11日(月)~7月29日(金)。支援対象団体は10団体程度を予定しており、支援対象団体は審査の上決定する。

昨年度の同事業では、全国18の地方公共団体に対して、国土交通省やコンサルタントなどのアドバイザーを派遣。会議やセミナーを通じて、「下水熱利用の基礎情報(下水熱の仕組み、メリット、先行事例等)」、「下水熱利用の検討手順」、「適用可能な下水熱利用技術・システムと選定方法」、「下水熱ポテンシャルの推計方法、マップの作成方法」等についてアドバイスした。


こんな部分に支援が受けられる事業だ

(1)事前調整による課題の整理

支援対象団体は、必要とする助言のテーマ、アドバイザーの派遣の場面、派遣時期等を事務局と調整するとともに、事務局による支援を受け、下水熱利用事業の導入にあたっての課題整理を行う。

(※全文:1103文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.