> > 埼玉県・浦和駅がEMS導入 電車のダイヤに合わせて電力使用を最適制御

埼玉県・浦和駅がEMS導入 電車のダイヤに合わせて電力使用を最適制御

記事を保存
埼玉県・浦和駅がEMS導入 電車のダイヤに合わせて電力使用を最適制御

浦和駅「エコステ」概要

JR東日本は、埼玉県にある浦和駅に、鉄道の駅として初めて、使用電力を「駅の営業時間」・「列車ダイヤ」・「天候等」に合わせて、自動かつ最適に制御するエネルギーマネジメントシステム(EMS)を導入すると発表した。

同社では、省エネルギー再生可能エネルギーなど、様々な環境保全技術を駅に導入する取り組み「エコステ」を実施しており、そのモデル駅として、浦和駅を整備する。

この取り組みでは、EMSとあわせて、LED照明太陽光発電パネルを導入し、駅の快適性確保とCO2削減の両立を図る。これにより、CO2排出量は2015年に比べて約40%(約304t)の削減を見込んでいる。また、地域との連携をキーワードに、地域のサッカー場の芝を再利用した新しい意匠のベンチをホームに導入する。工事は2016年9月頃から着手し、2017年3月の使用開始に向け整備に進めていく。

列車の到着に合わせて照明の照度調整も

エネルギーマネジメントシステム(EMS)は、「駅の営業時間」・「列車ダイヤ」・「天候等」のほか、「太陽光発電量」「使用電力」の情報をもとに、駅・構内店舗空調やホーム・コンコース照明を制御する。まず、前日に天気予報等の情報から使用電力を予測し基準値とし、当日は天候や太陽光発電量の実態に合わせて基準値を時点修正し、使用電力が基準値を超えた場合は照明・空調の制御を行う。

また、通常の照度制御に加えて、列車ダイヤ(列車在線・編成情報)をもとにホーム照明の照度調整およびLEDカラーによる編成長表示を同時に制御する。列車位置情報により列車の接近時はホーム照明が明るくなって顧客に通知するほか、列車の編成長やグリーン車の停車位置をLEDカラーで通知する。さらに、駅のシャッター閉ボタン操作に応じて、ホーム・コンコース照明が消灯または減灯する「シャッター連動制御」も備える。これらの機能も鉄道では初採用となる。


4つの視点で「エコステ」整備

浦和駅の「エコステ」整備事業は、

  1. 【省エネ】一歩進んだ省エネルギー化の推進
  2. 【創エネ】再生可能エネルギーの積極的な導入
  3. 【エコ実感】顧客が「エコ」を実感できる施設の整備
  4. 【環境調和】人と環境の調和ならびに活気を創出

を柱とする。


省エネでコンコースに導入するLED照明では、人間をはじめとする生物に備わっている1日のリズムに合わせ、LED照明の調光・調色機能を活用して朝は活気のあるあかりに、夜はくつろぎ感のあるあかりに演出する「サーカディアン照明制御」を行う。エコ実感では、改札付近に、環境の取り組みを見える化するディスプレイを設置する。環境調和では、エコベンチのほか、ホーム上家に散水してホーム内の温度上昇を防止する散水装置を導入する。

【参考】
JR東日本 - JR東日本、浦和駅「エコステ」モデル駅の整備について(pdfファイル)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.