> > 絶景「ウユニ塩湖」に捨てられたプラスチックごみ 太陽光発電の電力で燃料に

絶景「ウユニ塩湖」に捨てられたプラスチックごみ 太陽光発電の電力で燃料に

記事を保存
絶景「ウユニ塩湖」に捨てられたプラスチックごみ 太陽光発電の電力で燃料に

ソーラーフロンティア(東京都港区)は21日、南米のボリビアでウユニ塩湖の自然保護を目的とし、太陽光発電パネル40枚を提供したと発表した。

提供先の環境保全団体である「Projecto YOSI」は、環境保全と観光業の両立を目指し、ウユニ塩湖周辺で深刻化する観光客による環境汚染の問題に取り組んでいる。同団体は、日本人ツアーガイドの本間賢人氏が、現地の政府や教育機関などに地道に働きかけ、立ち上げた。本間氏は、7年にわたり南米各地を案内してきたが、この塩湖の絶景よりもゴミの多さに驚き、プラスチックゴミを分解して石油に変える小型油化装置を導入し、自然保護に関する啓発活動をおこなった。当初は関心の薄かった現地の人々も、家からプラスチックゴミを持ってくるなど、次第に協力してくれるようになり、現在は同国の環境省、大学、市役所などが参画する取り組みに発展している。

ソーラーフロンティアのソーラーパネルを使用した小型油化装置のデモを行う本間氏

ソーラーフロンティアのソーラーパネルを使用した小型油化装置のデモを行う本間氏

今回、同社が提供した太陽光発電パネルによる電力は、この小型油化装置の動力として使用される予定だ。

本間氏は現在、国立サン・アンドレス大学工学部環境問題プロジェクト客員講師や、同大と環境省の共同プロジェクト統括者を務め、環境教育に重点を置いたボリビア初のリサイクルセンターの設立を目指す。

星空が反射するウユニ塩湖の雨季

星空が反射するウユニ塩湖の雨季

同塩湖は、湖全体の高低差が50センチメートル以内と少なく、雨が流れることなく大地に薄く膜を張り、空を湖面に映し出す「天空の鏡」として知られる。同国には年間約120万人の観光客が訪れ、増加するゴミを処理する施設がないため、住民や家畜の健康被害や、特産品である塩湖で採取される塩質の悪化など、環境汚染が深刻化している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.