> > 建材工場の重油ボイラーを木質バイオマスボイラーに エネ合補助金で3億円補助

建材工場の重油ボイラーを木質バイオマスボイラーに エネ合補助金で3億円補助

記事を保存

岡山工場に増設した木質バイオマスボイラー

大建工業(大阪市北区)は7月27日、同社岡山工場の木質バイオマスボイラーの稼働を発表した。これまで使用していたLNG(天然ガス)ボイラーから木質バイオマスボイラーに切り換えることにより、年間8,000トンの温室効果ガス(CO2)排出量削減が見込まれる。

エネ合補助金で3億8000万円

今回木質バイオマスボイラーを増設した岡山工場は、敷地面積253,000平方メートル、従業員数約400名の同社最大規模の工場。木質繊維板(インシュレーションボード)、鉱物質繊維板(ダイロートン)、火山性ガラス質複層板(ダイライト)、畳おもて(機械すき和紙畳)を製造している。

※全文:1487文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.