> > ガスコジェネレーション、2015年度は3万件増加 日本ガス協会のレポート

ガスコジェネレーション、2015年度は3万件増加 日本ガス協会のレポート

記事を保存
ガスコジェネレーション、2015年度は3万件増加 日本ガス協会のレポート

ガスコージェネレーションは、ガスを使って発電し、排熱を給湯や空調に利用する。

日本ガス協会は、全国206の都市ガス事業者を対象とした調査結果をもとに、2015年度の都市ガスコージェネレーション導入実績をまとめ、累計設置容量および件数が前年より増加していると発表した。

都市ガスコージェネレーションの累計設置容量(スチームタービン除く)

都市ガスコージェネレーションの累計設置容量(スチームタービン除く)

2015年度末(2016年3月末)の都市ガスを燃料とするコージェネレーション(スチームタービンを除く)の累計設置容量は514.7万kWで、2014年度末に比べて10.1万kW(2014年度末比2.0%)増加した。また累計設置件数は260,579件となり、2014年度末に比べて29,843件(同12.9%)増加した。

このうち、業務用と産業用の合計件数は7,366件で、2014年度末に比べて172件(同2.4%)の増加、燃料電池(エネファーム)を中心とした家庭用の件数は253,213件で、2014年度末に比べて29,671件(同13.3%)の増加となった。

ガスコージェネレーション導入に使える補助制度は各種あり、現在応募可能な補助金制度は都市ガス振興センターが実施する「電気・熱エネルギー高度利用支援事業費補助金」の3次公募など。締め切りは8月31日まで。

【参考】
日本ガス協会 - 都市ガスコージェネレーションの2015年度導入実績(累計設置容量)

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.