> > 屋根設置などの分散型太陽光発電システム、認証サービスで資金調達を容易に

屋根設置などの分散型太陽光発電システム、認証サービスで資金調達を容易に

記事を保存

検査機関のテュフ ラインランド ジャパン(神奈川県横浜市)は8月4日、工場や建物の屋根などに設置する、中規模の太陽光発電システムの新しい認証プログラムを開始したと発表した。

この認証プログラムは、太陽光発電システムの品質や安全性、性能の確保・向上を目的としたもので、従来のシステムの検査や認証に加え、体系的な技術的リスク低減・評価法を採用し、企業の品質管理体制やトレーニング体系など、企業の適格性も評価項目に加えた複合的な認証サービス。

同社は、日本では特に工場や建物の屋根上などに設置する小・中規模の分散型太陽光発電事業のポテンシャルが大きいが、事業者が資金調達をしたい場合、銀行や金融機関が融資を躊躇する傾向があるという課題を示し、その主な要因のひとつは、このような分散型太陽光発電事業の信頼できる体系的な評価制度が不足しているためだと指摘する。

太陽光発電事業者やEPC事業者、施工会社などは、この認証プログラムを利用することで資金調達を容易にするだけでなく、資産価値を高めることができる。なお、この認証は太陽光発電所の転売や売却時にも、認証を新しいオーナーへ移転することができる。

現在、国内ではテス・エンジニアリング(大阪府大阪市)が施工した31件(合計42MW)の太陽光発電システムに、この認証プログラムの検査が採用されている。同太陽光発電事業は、グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(東京都港区)の開発プロジェクトで、物流施設屋上の太陽光発電事業。

同社は、ドイツに本社をおくテュフ ラインランド グループの日本法人で、第三者検査機関としてヨーロッパ諸国や、その他海外へ輸出される工業製品の安全試験・認証をおこなっている。国内でも、担当省庁の許可・指定により国内向けの評価サービスを展開している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.