> > 「電力の安定供給」向けの保険が登場 インバランス料金や不足電力調達を補償

「電力の安定供給」向けの保険が登場 インバランス料金や不足電力調達を補償

記事を保存
「電力の安定供給」向けの保険が登場 インバランス料金や不足電力調達を補償

商品の概要

損害保険ジャパン日本興亜(東京都新宿区)は、発電事業者・小売電気事業者向けに、需給の過不足と調達費用を補償する保険を、9日より販売開始した。

発電事業者は、自社の発電所が被災したり、計画ミスで電気の需給が計画値を外れた場合、不足分や余剰分を他の発電事業者から調達してくる義務がある。その調達費用は自前での発電コストに比べて高額なため、発電事業者には大きな負担だ。また、電力の小売全面自由化後、発電事業者や小売電気事業者は、30分単位で事前に定めた計画値に基づいて電気を供給しなければならず、乖離が生じた場合はその差分をインバランス料金として送配電事業者に支払う義務が発生する。この料金は発電コストの3倍になることもあり、事業者の経営リスクにつながる。

同社が発売した「電力安定供給費用保険」は、発電事業者・小売電気事業者を対象に、電力の調達費用や、調達にかかる追加発生費用、およびインバランス料金を補償するもの。商品のプランは3種類あり、「Aプラン 調達費用(エコノミー)プラン」は電気的・機械的事故による調達費が補償対象、「Bプラン 調達費用(オールリスク)プラン」は天災の被災や事故などすべてのリスクによる調達費までカバー、「Cプラン 調達費用+インバランスプラン」はさらに計画ミスや突発的な事由により発生したインバランス料金も補償対象に含まれる。

同社はこの保険商品により、電力安定供給の環境整備を後押しした考えだ。また、同社は今後、英国のグループ会社SOMPOキャノピアスと連携し、今後の電力自由化の動向や事業者のニーズに合わせ、同商品をさらに進化させていく予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.