> > Looop、太陽光発電と組み合わせる住宅用蓄電池システムの開発スタート

Looop、太陽光発電と組み合わせる住宅用蓄電池システムの開発スタート

記事を保存

Looop(東京都文京区)は、アリョール(東京都中央区)とともに、NEDOの公募事業の採択を受けて、家庭向けに、太陽光発電蓄電池を組み合わせ高度な制御を行うことで、電力を安く使うシステムの研究開発に着手する。Looopは本研究開発を経て2017年に蓄電池システムの販売開始を目指す。

Looopは、太陽光発電など再エネ関連事業者や電力小売り事業を展開する。4月からは家庭や事業者向けの低圧向け電力「Looopでんき」の販売も開始しており、この強みを生かして、柔軟な料金プランの追加などを行い、トータルで各家庭で電力を安く使うサービスを提供していく考えだ。

※全文:1330文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.