> > 高性能な断熱材、JIS改正で性能の測定方法を確立 省エネ住宅へ活用するため

高性能な断熱材、JIS改正で性能の測定方法を確立 省エネ住宅へ活用するため

記事を保存

経済産業省は、真空断熱材に代表される高性能な断熱材を、省エネルギー住宅へ活用するために、断熱材の熱抵抗および熱伝導率の測定方法に関する日本工業規格(JIS規格)を改正し、新たに真空断熱材の断熱性能を測定する方法を導入した。

これまでは適用外だった真空断熱材の測定方法

近年、真空断熱材に代表される低熱伝導率の材料の開発が進んでいる。これらは、JIS A 9521(建築用断熱材)に代表される従来の断熱材と比較すると、高い断熱性能を持つことから、省エネルギー住宅への活用が期待されている。

※全文:1964文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.