> > 電力使用量の通知遅延問題 東京電力「8月末までの解消、ムリでした」

電力使用量の通知遅延問題 東京電力「8月末までの解消、ムリでした」

記事を保存

東京電力パワーグリッド(東京電力PG)は23日、小売電気事業者に対して電力使用量の通知が遅延等している問題に関して、7月末までの未通知残分については、未通知原因が複合しているケースが多く、一部8月末までの解消が厳しいとの見通しを示した。9月中旬には通知遅延の解消を図る考えだ。同社では追加施策の実施等により8月末までの定常化を目指していた

同社は22日、電力使用量データの通知遅延等について、改善計画の実施状況と追加対策の効果検証を取りまとめ、電力・ガス取引監視等委員会に報告した。

以前約1.9万件の遅延が発生

需要データ未通知解消状況

これによると、電気使用量データの通知が遅延しているものは、8月19日時点で18,503件。託送業務システムにて小売電気事業者に通知すべき電気使用量データは、全体で約402.9万件であり、約0.5%の遅延が発生している。

(※全文:2089文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.