> > 小型風力発電、参入前の疑問を解消する無料セミナー 風況調査サービスも紹介

小型風力発電、参入前の疑問を解消する無料セミナー 風況調査サービスも紹介

記事を保存
小型風力発電、参入前の疑問を解消する無料セミナー 風況調査サービスも紹介

エネルギーファーム(東京都江東区)は、小型風力発電事業に参入を予定している人を対象に、第二回「小型風力発電で失敗しないための風況調査無料セミナー」を9月13日に開催する。

同社では、ネットで利用できる、指定場所における風の強さや風力発電が設置されたときの発電量などの情報を提供する「小型風力用予測調査サービスシステム」を開発しサービスを開始した。そこで、セミナーでは、本システムを紹介するとともに、小型風力発電事業に参入したいが「事前に発電量や危険性を把握したい」「保険にも加入したい」など、多くの小型風力発電事業参入予定者が持つ不安や疑問に答える。

同社は、無停電電源蓄電装置の製造・販売、太陽光発電システムおよびエコキュートの設置・販売等を手掛けている。

第二回「小型風力発電で失敗しないための風況調査無料セミナー」

開催日時

9月13日 13:00~15:00

参加費

無料

開催場所

東京ファッションタウンビル(TFTビル)東館9階905号室

住所:東京都江東区有明3-6-11

交通:ゆりかもめ国際展示場正門前徒歩1分

参加申込み方法

事前に企業名・参加者名を連絡のこと。エネルギーファームのウェブサイトから先着順で受け付けている。会場収容人数の関係で各企業2名まで。

「小型風力用予測調査サービスシステム」とは

国土地理院の地形情報を用いて風の流れをシミュレートし、指定された場所における風の強さや風力発電が設置されたときの発電量などの情報を提供するサービス。指定された範囲を風速や発電量の大きさを色分けした分布図を作成し、これにより特定場所の発電状況だけでなく、「どこに発電する場所があるか?」と面情報から知り得る土地確保の手段として活用できる。

本システムの予測精度と信頼性を上げるため、国土地理院の詳細地形データのほか、風況データ解析エンジンは大型風車の風況調査で実績のある東京大学シミュレーョンソフトウェアを用い、小型風力の風況解析精度向上を図った。

その結果、実際に稼働中の小型風力発電所の平均風速および実発電量と同社システムの予測精度は85%前後となっており、事業性や安全性を事前に把握、評価できることから金融機関、保険会社からも高く評価されているという。

このシステムは風況に関する専門知識がなくても、同社が運用する風況会員のサイトにアクセスし、画面上で知りたい場所をクリックし調査依頼するだけで、年平均風速、風力発電適地、年間発電量、乱流等の予測情報を得ることができる。また、希望によりその風力にあった発電機の紹介や、乱流情報を元に保険会社の紹介も行っている。

同社では、応用分野として、

  1. 小型風力発電に適した風速の建設適地の発見
  2. 建設予定地での年間発電量の事前予測
  3. 乱流情報を考慮した設備の安全設計、保険の加入
  4. 小型風力発電の事業規模の予測

も可能だとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.