> > ハイテク自動化が加速するシンガポール農業 植物工場など多段式の新技術も

ハイテク自動化が加速するシンガポール農業 植物工場など多段式の新技術も

記事を保存

国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める

シンガポールでも農業のハイテク化が加速している。日本の企業(パナソニック関連企業など)が人工光型植物工場による野菜の現地生産・販売事業を行っている事例もあるが、現地シンガポールの生産者も自動化を進め、飛躍的な収量増を実現しようと挑戦している。

こうした生産者における自動化の流れは、政府による農業政策や補助支援が大きく影響している。2010年~2015年の5年間において、シンガポールの葉野菜の生産量は20%増加した。現在は11,420トンの葉野菜をシンガポール国内にて生産しており、この葉野菜の生産量は、消費量全体の13%を占めている。

シンガポール食糧管理動物保護局(AVA)では、これまでに新技術実証や大規模施設栽培などに挑戦する農林漁業者に対して20億円以上の補助を行ってきた。2012年からスタートした食・農業ファンドでは、約140の農林漁業者が申請し、うち28の野菜の生産者が本ファンドを活用している。


この記事は、たとえば

  • 植物工場メーカーや関連事業者が、自社製品の海外マーケット情報として参考にできます。
  • 海外展開を検討する農業分野の事業者が、海外マーケット情報として参考にできます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.