> > 東京メトロ、貨物輸送の実験スタート トラックよりも省エネか?

東京メトロ、貨物輸送の実験スタート トラックよりも省エネか?

記事を保存

東京地下鉄(東京都台東区)、東武鉄道(墨田区)、佐川急便(江東区)、日本郵便(千代田区)、ヤマト運輸(中央区)は、8月29日、5社協同で既存の鉄道施設を活用した物流実証実験を、9月から10月にかけて実施すると発表した。実証は、東京メトロ有楽町線、東武東上線の鉄道施設で行われる。

同実験は、物流に関する交通渋滞、CO2排出量の削減、トラックドライバー不足等の社会的課題の解決策として想定されている、旅客鉄道の活用を実証し、モーダルシフトの実現可能性を検証するもの。

なお、この実証には、乗客が利用できない実験専用ダイヤが設定される。また、実験に使用される荷は「模擬荷物」で、実際に物流各社が顧客から預かった荷ではない。

実験パターンは、「拠点間輸送」と「拠点~駅間輸送」の2パターンで、9月から10月にかけて10回実施される予定だ。詳細は下記のとおり。

(※全文:937文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.