> > 東京メトロ、貨物輸送の実験スタート トラックよりも省エネか?

東京メトロ、貨物輸送の実験スタート トラックよりも省エネか?

記事を保存
東京メトロ、貨物輸送の実験スタート トラックよりも省エネか?

東京地下鉄(東京都台東区)、東武鉄道(墨田区)、佐川急便(江東区)、日本郵便(千代田区)、ヤマト運輸(中央区)は、8月29日、5社協同で既存の鉄道施設を活用した物流実証実験を、9月から10月にかけて実施すると発表した。実証は、東京メトロ有楽町線、東武東上線の鉄道施設で行われる。

同実験は、物流に関する交通渋滞、CO2排出量の削減、トラックドライバー不足等の社会的課題の解決策として想定されている、旅客鉄道の活用を実証し、モーダルシフトの実現可能性を検証するもの。

なお、この実証には、乗客が利用できない実験専用ダイヤが設定される。また、実験に使用される荷は「模擬荷物」で、実際に物流各社が顧客から預かった荷ではない。

実験パターンは、「拠点間輸送」と「拠点~駅間輸送」の2パターンで、9月から10月にかけて10回実施される予定だ。詳細は下記のとおり。

実証に使用される鉄道施設(路線・駅)

  • 東京メトロ:新木場車両基地、和光車両基地
  • 有楽町線:新富町駅・銀座一丁目駅・有楽町駅
  • 東武鉄道:森林公園検修区

パターン別の実験内容

拠点間輸送(5社で実施。日本郵便は新木場車両基地-和光車両基地のみ。)

  1. 物流各社の拠点からトラックで模擬荷物を新木場車両基地に搬入
  2. 東京メトロ10000系車両の1両に荷物を積載
  3. 有楽町線・東上線にて実験専用ダイヤで列車運行
  4. 和光車両基地または森林公園検修区に到着した列車から荷物を下ろし、トラックで物流拠点に搬出

拠点~駅間輸送(東京メトロ・ヤマト運輸・佐川急便で実施)

  1. 物流各社の拠点からトラックで模擬荷物を新木場車両基地に搬入
  2. 東京メトロ10000系車両の1両に荷物を積載
  3. 有楽町線にて実験専用ダイヤで列車運行
  4. 新富町駅、銀座一丁目駅、有楽町駅の各駅で、到着した列車から荷物(台車1台程度)を下ろし、駅構内を経由して地上まで搬送

実験日程

下記の各日に1本ずつ運行(合計10回)。

  • 9月9日(金)、10日(土)、16日(金)、17日(土)、30日(金)
  • 10月1日(土)、7日(金)、8日(土)、14日(金)、15日(土)

同実証では、各作業工程における所要時間・人員数、安全性確保のための人員配置、作業効率性や安全性に資する機器、施設・設備等の必要性と規模、旅客輸送への影響等を把握する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.