> > 鬼怒川の堤防決壊が発生した茨城県 太陽光発電所の設置ガイドライン策定

鬼怒川の堤防決壊が発生した茨城県 太陽光発電所の設置ガイドライン策定

記事を保存

茨城県は、太陽光発電施設を設置しようとしている事業者が、市町村や地域の理解を得ながら施設の適正な設置と管理を行うためのガイドラインを策定した。事業者に対して、設置予定地の市町村へ事業概要書を提出し、事前協議を行うことなど求めている。10月1日に施行する。

ガイドラインの対象となるのは、出力50kW以上の事業用太陽光発電施設(建築物へ設置するものを除く)。実質的に同一の事業者が、同時期または近接した時期に、実質的に一つと認められる場所で、複数の発電施設に分割して設置し、合算した出力が50kW以上となる施設(分割案件)も対象となる。

再生可能エネルギー導入が全国的に拡大する一方で、景観や自然環境への影響、安全に対する不安などから、地域住民と事業者との間でトラブルとなる事案が発生している。そこで、茨城県は、市町村の現状や意向を踏まえ、同県における太陽光発電施設の適正な設置・管理のためのガイドラインを策定した。

このガイドラインは、太陽光発電施設の設置に当たっての手続きや、施工に当たって配慮すべき事項等を示し、事業者に自主的な取組みを求めるものである。

(※全文:1690文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.