> > 低風速地域でも発電する5MW級風力発電システム 日立が2017年度に発売

低風速地域でも発電する5MW級風力発電システム 日立が2017年度に発売

記事を保存

日立製作所は7日、低風速地域でも発電量の増加が可能となる5MW級風力発電システム「HTW5.2-136」を開発したと発表した。

ダウンウィンド方式を採用した5MW洋上風力発電システムにおいて、機器の設定や制御プログラムを最適化することにより定格出力を5.2MWに高めるとともに、ローターの直径を136mに伸ばすことで、受風面積を従来機に比べ15%拡大し、年間平均風速7.5m/s未満の低風速地域でも発電量の増加を実現した。

今後、日立キャピタルと日立の共同出資により設立した日立ウィンドパワーが運営する、茨城県神栖市沿岸の陸上に位置する鹿島港深芝風力発電所で、2016年10月に試験運転を予定しており、2017年度の販売開始を目指す。本州沿岸部の低風速地域向けに提案していく考えだ。

(※全文:1202文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.