> > 「食品廃棄物、転売できないように処理して捨てる」 年内にガイドライン公表

「食品廃棄物、転売できないように処理して捨てる」 年内にガイドライン公表

記事を保存

環境省の中央環境審議会は、1月に発覚したCoCo壱番屋(愛知県一宮市)の廃棄カツ等が不正転売された事案を受けて、環境大臣から諮問され審議してきた、食品廃棄物の不正転売防止策として食品関連事業者が取り組むべき措置等について取りまとめ、答申した。

これによると、同審議会は食品関連事業者(食品製造業者・食品卸売業者・食品小売業者・外食事業者)が取り組むべき措置として、食品廃棄物をそのまま商品として販売できないよう措置することなどを追加するため、食品リサイクル法の「食品循環資源の再生利用等の促進に関する食品関連事業者の判断の基準となるべき事項を定める省令」を改正することなどを提言している。

今後は、共管省庁である農林水産省の食料・農業・農村政策審議会食料産業部会での審議を経た上で、関係各省と共に、この答申を踏まえた判断基準省令の改定等の所要の措置を講じることとしている。

今後、秋頃に食品リサイクル法判断基準省令改正案のパブリックコメントを実施し、年内目途に食品リサイクル法判断基準省令の改正、ガイドラインを公表する予定。

リサイクルと不正転売防止を同時に!

審議会の提言の主なポイントは以下のとおり。

(※全文:2152文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.