> > 日本、国際航空分野の温室効果ガス排出削減制度(GMBM)に参加決定

日本、国際航空分野の温室効果ガス排出削減制度(GMBM)に参加決定

記事を保存

国土交通省は、20日、国際航空分野の温室効果ガス排出削減制度に参加することを決定したと発表した。

この制度は、国際航空分野における温室効果ガス削減対策のひとつとして、国際民間航空機関(ICAO)で検討されている全世界的な排出削減制度(GMBM)。「燃料効率を毎年2%改善」「2020年以降総排出量を増加させない」という削減目標をかかげ、新技術の導入や運航方式の改善、バイオ燃料の活用、および市場メカニズムの活用により達成をめざすもので、これまで同制度を構築する検討が重ねられてきた。

9月27日から10月7日に開催される第39回ICAO総会においても、同制度の具体的な開始時期や参加国、各航空会社の排出権購入などについて議論される予定だ。

(※全文:714文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.