> > ウエストホールディングス、世界的な省エネニーズを狙いタイで省エネ事業開始

ウエストホールディングス、世界的な省エネニーズを狙いタイで省エネ事業開始

記事を保存

ウエストゴールディングスは23日にネット上にて、タイで企業の省エネ事業を開始することを発表した。

ウエストホールディングスは、省エネ支援会社を3000万円で設立。同社49%、三菱東京UFJ銀行グループのタイ投資会社10%、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行の現地投資会社が各8%の割合で出資した。

新会社では、日本のノウハウを海外で活用し、コンサルティングから設備の提供まで手掛ける。温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の年内発効が有力となり東南アジアでも省エネ需要が拡大するとみているからだ。

(※全文:537文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.