> > NECライティング、2017年度いっぱいで蛍光灯を生産終了 LED照明などを推進

NECライティング、2017年度いっぱいで蛍光灯を生産終了 LED照明などを推進

記事を保存
NECライティング、2017年度いっぱいで蛍光灯を生産終了 LED照明などを推進

NECライティング(東京都港区)は、一部の特殊用途の製品を除く蛍光灯器具の生産を、2018年3月までで終了し、LED照明など高効率照明に置き換えて行くと発表した。

同社は、政府や日本照明工業会が掲げる目標の達成に寄与するだけでなく、顧客に対し高品位の照明を提供する責務があることから、蛍光灯器具の生産を終了することにした。

政府などが掲げる目標とは、下記のとおり。

  • 2016年5月13日に閣議決定された地球温暖化対策計画で、政府は、2030年度に2013年度比で26%の温室効果ガスを削減する目標を掲げている。そのためには、建物のエネルギー消費量のうち24%以上を占める照明のエネルギー削減することが重要である。
  • 2014年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画では、省エネルギーの強化として「高効率照明(LED照明、有機EL照明など)については、2020年までにフローで100%、2030年までにストックで100%の普及を目指す」と設定されている。
  • 日本照明工業会は、照明成長戦略2020の中で「2020年にフローの100%、ストックの50%をSSL器具(LED、有機ELなど半導体照明器具)に置き換える」という目標を掲げている。

同社は今後も一体型ベース照明、高天井用照明、シーリングライトをはじめとする高効率LED照明「LIFELED'S®」(ライフレッズ)を継続的に拡充し、LED照明の普及に取り組んで行く。

なお、殺菌灯などの特殊用途蛍光灯器具、および蛍光ランプは引き続き生産する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.